新型コロナの影響で食料難⁈

  • by

0005

教えて信長先生!

このコーナーでは世界で、日本で起こっている不思議や危機を掘り下げたり、役に立つ情報を掲載してきます。
私たちの農業に関係あるとても大事な問題が多くあります。
これらを信長先生が調べて教えてくれます!

新型コロナウィルスの世界的な影響は至る所に表れています。
それは私たちの日々の食料に及び、食料自給率の低い日本の食料難につながる恐れがあります。

世界規模のコロナ禍により、各国は自国の食料を確保しなければいけません。
以前のような輸出入のバランスはもはや保てないと思わます。
特に人口増加途上の国では死活問題になります。

これらの影響を鑑みてFAOとWHO(世界保健機関)、WTO(世界貿易機関)の事務局長は3月31日、「食料供給への潜在的な影響や世界貿易・食料安全保障への意図しない結果を最小限に抑えるように注意を払わなければならない」と過度な輸出制限をしないことを各国に求める共同声明を発表しています。

日本政府は現時点では影響は限定的と発表していますが、新型コロナウィルスの威力を嫌というほど見せつけられた今となっては安心できる材料が少ないのが不安ではあります。

私たちはこれらの問題から学ばねばなりません。

日本の未来を作り、守っていく子供達が健やかに成長できる社会を作り、維持していく義務が私たちにはあります。
安心して暮らせる未来へつなげる責任が私たちにはあります。食料はもちろん、教育、文化なども。

これらの義務や責任を放棄してたらやってくるのは絶望です。

我々は農業にこの思いを託し、懸けています。
他人事ではなくやれることをやらなくてはなりません。

解くべき問題は見つかっているのだから。