感染症について

  • by

0006

教えて信長先生!

このコーナーでは世界で、日本で起こっている不思議や危機を掘り下げたり、役に立つ情報を掲載してきます。
私たちの農業に関係あるとても大事な問題が多くあります。
これらを信長先生が調べて教えてくれます!

今回は感染症についてです。
新型コロナウィルスにより耳馴染みのない言葉がたくさん聞こえてきます。
パンデミック!ロックダウン!オーバーシュート!などなど。

その中でも感染被害を表す言葉について掘り下げてみます。

ロンドン衛生熱帯医学大学院のロザリンド・エゴ准教授の解説がわかりやすいです。

Overshoot オーバーシュート⇒爆発的拡大、患者の急増
Endemic エンデミック⇒一定の地域で緩やかに、季節的周期で流行(地域流行、風土病)
Epidemic エピデミック⇒一定の地域で通常の予測以上大量に発生(流行)
Pandemic パンデミック⇒世界的で大規模な大流行 (世界的流行)
Outbreak アウトブレイク⇒一定の地域の集団で突発的に発生
エンデミックは地域的な流行
エピデミックは局地的で一時的な流行の拡大
パンデミックは世界的で大規模な流行ということです。

歴史を振り返るとパンデミックは過去にも起こっていました。
ペスト、天然痘、スペイン風邪など。

幸いにも日本は欧米各国の状況と比べれば被害は少ないと言えます。ただ、これは現在の状況がそうなだけで第2波、第3波がどうなるか?はまだ分かりません。

これにはワクチンの開発が急務です。過去、完全に封じ込めた感染症は天然痘のみ。
現代の科学の叡智が試されています。

私たちがそれぞれできることは?

それは健康に過ごすことです。栄養バランスのとれた食事。外にでて適度な運動をして日光を浴びる。
効率的な睡眠をとる。
これらを心掛けて免疫力を高めることです。全部できることです。

そんなニューノーマルの世界に必要な農作物を私たちは作っていきます。