凍結解凍覚醒法

凍結解凍覚醒法

凍結解凍覚醒法とは、氷河期を乗り越えて世代を繋いだ植物に着想を得た夢の技法です。
開発者は田中節三先生。

「およそ1万2000年〜1万3000年も昔に、人類がバナナを食べ始めた」
そういう記録が残っています。
1万3000年前というと、7万年前から続いていた氷河期の終わりで、「最終氷期」という時代で、バナナの起源と言われるインドネシアも氷河で覆われていました。

その氷河のある時代にバナナが生まれた・・・それは植物の進化から考えてありえない事です。
氷河期が始まる7万年よりも前に、すでにバナナは存在し、氷の中でカチカチに凍っていた。
それが氷河期が終わる事で息を吹き返し、蘇生した。そう考えられます。今は、主に暑い場所で育っているバナナですが、氷河期からその後の温暖化に順応していった。もしかしたら、本来バナナは、実は寒さにも強い性質を持ち、この日本でも栽培は可能な植物ではないか。
しかしながら、その1万3000年も前に極寒の土地で実をつけていたバナナは、すでにこの世には
存在しません。
その、寒さにも耐えるバナナを、なんとか再現できないだろうか。

これがこの発明の原点でありすべてです。
ここから10年という年月の中、試行錯誤を続けて発明されました。
一日あたり0.5度づつ温度を下げる冷蔵庫。植物の細胞まで壊さないように天然の不凍液とも言われる「トレハロース」など。
氷河期を再現し、その細胞を壊さないように覚醒させるという思いついても簡単にできるようなことではない大発明です。

そして、この凍結解凍覚醒法をもっとひろめる活動もされています。
日本の農業にイノベーションを起こすひとつの、そして力強い一助になり得ます。

凍結解凍覚醒法など田中節三先生の発見・発明はすべて特許を取得しております。

この凍結解凍覚醒法を用いた農業を中部地区でも展開していきます。

こちらもご確認ください。